読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボウズだけは勘弁してっ! from 関西。

釣り好きのSEが気まぐれに書いています。大阪から発信しています。

【釣り本】誤釣生活 糸井重里

ウィンタースポーツをしない私は冬の間、アウトドア派からインドア派になります。

 

釣りの方も寒いので休憩中。。。

 

家の中は快適ですね(笑)

 

勉強や読書も冬の方が捗ります。

アウトドアからの誘惑が少ないので。。。

 

一応、メインは釣りのブログなので釣り本を紹介したいと思います。

 

紹介するのは「ほぼ日手帳」で有名な糸井重里さんの「誤釣生活」です。

 

この本は1996年に発行されており、まさにバス釣りブーム全盛期!

私もちょうどこの時期からルアーフィッシングをはじめています。

この本を読んで中学時代を思い出しました。

 

大阪では淀川がバスフィッシングの有名なフィールドなのですが、釣り公園並の釣り人の数。

間違いなく魚の数より人の数の方が多い・・・

まぁ、釣れるわけがないのですよ。

だけど、自分たちのことをバサーと名乗り、ヘドンのルアーを投げるだけで満足してました(笑)

 

この本はまさにそんな時代に釣りをはじめた糸井重里による、エッセイです。

釣りを楽しむとはどういうことか?

大会に出場してとことん結果を求めるか?

そんな葛藤が面白く描かれています。

最近のバスフィッシング事情は詳しくありませんが、確かにあの時代、バスプロってすごい存在でしたよね。。。

 

最近は釣りからは離れているけど、バス釣りブームの時は釣りしてたな〜って言う方にもオススメの本です。

 

 にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村